お葬式の香典返しの相場

香典返しを用意する時にまず知っておきたいのが、相場がどの程度なのかという事です。香典に対して安すぎる場合はもちろん、高すぎても相手に遠慮させてしまうため、きちんと相場を知ってどのくらいの相場で香典返しを用意するのかを考える必要があります。お葬式で香典を貰う場合、香典だけをいただく場合もあれば、お供え物と一緒に香典をいただくという場合もあり、どちらも同じ相場という訳ではありません。ですからそれぞれの場合によって相場がどのくらいなのか、きちんと知っておくと重宝します。

まずお葬式で香典だけをいただいた場合、いただいた金額の半額が基本的な相場とされています。例えば1万円の香典をいただいた場合、香典返しは5000円ほどの品物を選ぶようにしましょう。気を付けなくてはいけないのは、いただいた金額よりも高い金額の品物を用意しないようにするという事です。目上の相手や会社の上司などに対して、良い物を返さなくてはいけないと考えてしまいますが、いただいた金額以上の品物をお返しにしてしまうと、相手に対して失礼になってしまいます。たとえ目上の方であっても、お葬式の香典返しはいただいた金額の半分という相場を守るようにしておきましょう。

そして香典とお供え物を両方いただいた場合の香典返しの相場は、両方の金額を足した金額の半額とされています。気を付けなければいけないのは、香典とお供えでは値段が違う場合も多いので合計金額をきちんと計算する必要があるという点です。またお供え物だけをいただいた場合も香典返しをする必要がありますが、こちらは香典だけをいただいた場合と同じでそのお供え物の金額の半分程度が相場とされています。