お葬式の香典返しをするタイミング

お葬式の香典返しについて相場以外に考えたいのが、お返しを行う時期についてです。香典返しをする時期というのは決まっており、この決まった時期以外にお返しをしてしまうとマナー違反になってしまうので注意をしなければいけません。では、香典返しをする時期として決められているタイミングはいつなのでしょうか。

まずひとつ目のタイミングであり、本来香典返しを行うタイミングは四十九日の法要が終わった後です。ご遺族にとって四十九日は忌明けという時期で、お葬式に関するさまざまな手続きなどがひと段落する時期とされています。手続きをしながら香典返しをするのは大変ですし、やはりご家族を亡くしたばかりであれこれと行うのは難しいものです。そのためそういった手続きがひと段落し、気持ちも落ち着いてくる四十九日の法要の後が香典返しをする基本的なタイミングとされています。この時気を付けたいポイントは、忌明けの報告を兼ねた挨拶状を一緒に送るようにするという点です。これはお返しをする相手全員に送る必要がありますから、忘れずに挨拶状を送るようにしましょう。

もうひとつの香典返しのタイミングとして、当日返しというものがあります。これは名前の通りお葬式の当日にお返しをするもので、この際には香典の金額を見て相場に合わせた品物を用意できないため、基本的に弔問に訪れてくれた方全員に一律で同じ金額の品物を用意する事になります。よってもしお葬式が終わった後で香典を確認し、こちらが用意した品物よりも高額な香典をいただいた時には四十九日の法要の後に改めて香典返しを用意しましょう。この時のお返しにかける金額は、当日返しで用意した品物の金額を差し引いた金額の半分程度が良いとされています。